招待状が届いたその日がスタートです

結婚式に呼ばれた場合、招待状が届いたその日からいろいろ考えなければいけません。まずは招待状の返信。これは少なくても期日内に返信はがきを出すのが最低限のマナーです。出来たら届いてから2,3日のうちに出すのが良いでしょう。新郎新婦としては、少しでも早く出席者の人数を把握しておきたいものです。そういった部分もしっかり考えてあげるのが大切です。もしも結婚式当日の予定がはっきりしない場合は、先に電話を入れて事情を説明しておきましょう。これも大切なマナーです。記入の際はボールペンで構いません。ただし色は絶対に黒。間違っても不祝儀にあたるグレーなんて使わないで下さいね。

ご祝儀っていくら包めば良いの?

結婚式の出席に慣れていない場合、いちばん悩むのがご祝儀の金額だと思います。ケチだと思われるのは嫌だし、かといって多めに包む余裕はないし。ご祝儀というのは、その地域の特徴などもありますが、大体の相場は知っておきたいものです。友人の結婚式の場合は一般的に2~3万が相場と言われています。以前は2という数字は演技が悪いと言われていましたが、最近では2蔓延という金額は特に気にしなくても良いようです。ただし、4と9は絶対にタブーです。これだけは絶対に避けて下さい。新郎新婦が親族の場合は、その親族の中でのしきたりなどがある事も。その場合はそれに従うようにしましょう。一般的には1人3~10万。夫婦で招待された場合は5~10万といった金額が多いようです。

もしも欠席する場合のご祝儀について

招待状を返信する際に出席と書いてしまったけど、当日どうしても都合がつかなくて欠席してしまった場合、ご祝儀はどうすれば良いのでしょうか。この場合は当日渡すつもりだった金額をお祝い金として渡してあげて下さい。新郎新婦はあなたが出席すると思い、料理や引き出物を準備して待っていたんです。欠席してしまうのは仕方のないことですが、先方へのお詫びの気持ちを込めて全額渡してあげることが大切です。もしも事前に欠席が分かった場合は1日も早く先方に伝えてあげて下さい。もしかしたら料理や引き出物のキャンセルが間に合うかもしれません。そしてその場合は最初に渡す予定だった金額の半分くらいを渡してあげると良いでしょう。

鶴岡八幡宮で結婚式を挙げるカップルは多く、日本古来の伝統に則った厳かな雰囲気とスタイルが人気を集めています。