異動が出ても異動できないときもある

企業に勤務している人にとっては異動は起こりうることです。企業が全国展開している場合には転勤を要する異動もありえます。独身者の場合には異動が出れば異動先に引越して生活を開始することになります。入社して間もない人、単身者の多くは賃貸住宅や実家に住んでいるので直ぐに対応することができます。しかし家族を持っている人の場合には簡単に異動に応じることができる場合とそうではない場合があります。年老いた親の面倒をみる必要がある人は場合によっては退職も考える必要があります。

家族が異動できないときもある

そのような親がいない場合でも子供がまだ小さい時はいいですが、大きくなって中学校や高校に通っている場合には家族一緒に異動に応じ転勤することが難しいことも多いです。高校入学を控えた中学生の子供に対し遠くの知らない土地に引越して新しい環境下でその地域の高校入学を目指すことも時間的になく難しいと感じます。このような家族を持っている人は単身赴任という形で異動に応じる場合が多いです。家族は異動させず自分だけが異動先に移り賃貸住宅や社宅で生活することになります。

異動する人の家庭環境

会社の指示命令にて異動するために単身赴任となれば、会社によっては手当が支給されたり、また定期的に帰省するための交通費を補助してくれる会社もあります。日々仕事だけに邁進している社員にとっては単身赴任もさほど気にならず会社から帰っても寝るだけの生活で普段と変わらないようですが、家族との会話を常としていたような社員にとっては寂しく感じることも多いです。その分帰省する際には家族へのお土産を買って会えることを楽しみにしている人が多いです。

単身赴任の家具を購入するのが勿体無いとお考えの方はレンタルがリーズナブルで便利です。処分の際の手間もかかりません。