結婚指輪は挙式には欠かせない存在!

結婚を検討しているカップルの用意しなければならない物はたくさんありますが、最も大切となるのは結婚指輪です。結婚指輪は挙式の時に必ず指輪交換を行いますよね。なので、挙式前には必ず夫婦の証明となる結婚指輪を準備しなければなりません。ですが、急いで指輪を用意しなければならないと焦ってはいけません。結婚式という一生に一度の晴れ舞台に使用する物なので、慎重に選びましょう。後の喧嘩やトラブルを回避する為にも新郎が新婦の意見を聞かずに勝手に指輪を購入してはいけませんよ。

結婚式に相応しい指輪とは?

結婚式に相応しい指輪は二人の絆を固くするという意味合いを持つ無色透明のダイヤの指輪が良いでしょう。透明のダイヤは白いドレスとの親和性が高いので清楚な雰囲気を出してくれますよ。また、カラーのダイヤを使用する事によって花嫁の雰囲気を変える事が出来ます。例えば、ピンクのダイヤの指輪は可愛らしい雰囲気を演出します。ブルーのダイヤの指輪は神秘的で上品な雰囲気を出してくれます。多くのカップルの結婚指輪のダイヤは無色ですが、カラーのダイヤを使ってはいけないという決まりはありません、なので、新婦の好きな色のダイヤを選ぶ事も出来ますよ。

指輪は必ず新郎もその場で着ける事!

結婚指輪を購入する際は店頭で指のサイズを測定し、その場で試しにはめる事が出来ます。指輪選びの時は新婦だけでなく新郎もその場で指輪を着けましょう。結婚指輪の中には新婦に似合っていても新郎に似合わないデザインの指輪もあります。結婚指輪は彼女に贈るアクセサリーとは別物です。新婦だけが身に着けるのではなく、夫婦二人で身に着ける事になります。なので、夫婦二人が身に着けてお互いの指にマッチする違和感の無いデザインの指輪を見つける事が結婚指輪選びに大切になりますよ。

結婚指輪は、婚約指輪よりも低く、10万から20万が相場になっています。選ぶ基準はデザインが一番重視され、そのあとに素材、価格が重視されているようです。